bio_img_001.jpgbio_img_001.jpg

bio_img_002.jpgbio_img_002.jpg

bio_img_003.jpgbio_img_003.jpg

bio_img_004.jpgbio_img_004.jpg

bio_img_005.jpgbio_img_005.jpg

bio_img_006.jpgbio_img_006.jpg

bio_img_007.jpgbio_img_007.jpg

bn_maki.jpgbn_maki.jpg

bn_cobra.jpgbn_cobra.jpg

bn_quiver.jpgbn_quiver.jpg

bn_cassette.jpgbn_cassette.jpg

bn_newlex.jpgbn_newlex.jpg

bn_camel.jpgbn_camel.jpg

2000年結成。

SURFING仲間としても地元の遊び仲間としても、親交の深かったオリジナルメンバー(Vo.Archy、Gt.Maki、Ba.Dee、Dr.A2)が、SURFING 、SK8、MUSIC(RANCID、BAD RELIGION、GREEN DAY、BLINK182等)といった、Calliforniaのカルチャーそのものに影響を受け、BANDを結成。
地元のLive Houseを中心に活動をスタート。

2003年7月

それまでの集大成とも言える1st Album 「It's Outrageous !!」をCaffeine Bomb Recordsよりリリース。
リリース記念LIVEでは、原宿ASTRO HALLに350人を動員し、大成功を収める。この頃から音楽シーン、Surf業界に少しずつNO☆GAINの名前が浸透し始める。

2004年7月

「Good Times」を リリース。
TOWER RECORDでは、初回限定で「NO MUSIC,NO LIFE」というメインキャッチコピーをメンバーのアイディアによりパロった
「NO MUSIC,NO GAIN」というステッカーが特典として封入され、話題となる。
フジTV系音楽情報番組、「ELVIS」 のオリジナル人気投票で、見事初登場第1位を獲得。全国ツアーも行うなど精力的に活動。

2005年9月

「What's Really Going On?!」をリリース。
リードトラック 「Miss You」のPVの配信も行う。
2度目の全国ツアー、ヘアーカットのコンテストイベント「UDC4」では、あの“横浜アリーナ”のステージに立つなど、さらに飛躍の1年となった。
2006年1月には、韓国のレーベル DOPE ENTERTAINMENTより「What's Really Going On?!」の韓国版を リリース。
同年2月には韓国ツアーを行い、大成功を収めた。
4月にはDeeが一時Bandより離脱。SIT(現COUNTRY YARDS)をサポートメンバーとして迎え入れ、活動を継続。

2007年6月

A2の健康状態の事情によりメンバーチェンジ。
以前より親交の深かったドラマー haru (ex.HEADBAD)が加入。
9月にはYu-ki (ex.CHARCOAL FILTER/現リベルタス)がサポートベーシストとして加入。
新体制でリハーサルを重ねつつも、即実戦投入。
LIVE活動を休止させることなく、試行錯誤しながらもLIVEで鍛え、「湘南乃風」や「九州男」、「山嵐」といったBigアーティストと1000人規模のLIVEイベントや、渋谷区代々木公園で行われた大型野外フェスにも出演し、新体制でのバンドサウンドをまとめていく。

2008年10月

現所属レーベル Daphne Recordsより 「The Momentum」 をリリース。
新しい環境の下、新生NO☆GAINサウンドをパッケージする。
「Stay with me」のPVの配信、リリースに伴い全国ツアーも行った。
2009年5月Newアルバム「Colors」 をリリース。
音源にプラスしてclub asiaで行われた「The Momentum」ツアーファイルのライブDVDがカップリングされている。
新録4曲はJALがメインスポンサーである”JALホノルルマラソン2009”のイメージソングとして使用された。
この年からAkila(FLY☆81)、MAKI(NO☆GAIN)、CJ(GREENBOWL)の3人を中心にスタートした新しいエクストリームカルチャー"PUNKSRIDE TOUR"への全公演出演を始め、全国各地でのイベントにも出演を重ねた。
NO☆GAINのとしての活動に加え、MAKIは”DJ MAKI”として多くのDJイベントやライブにも出演する事も多く、最近はArchyもDJとしてイベントに出演する機会が増えてきている。
さらに”歌とギターで楽曲を聴かせたい”という主旨のもと、Archy、MAKIにMG/サウンドディレクターであるJA9の3人でのAcousticユニット”NO☆GAIN Acoustic Crew”の活動も並行。
Bandとしての活動を柱に、DJ、Acoustic Crewと言った広がりを持ったNO☆GAIN。

2010年2月

メンバーチェンジを行ったが、Archy、MAKIを中心に今後新しいドラマー/ベーシストを迎え、新作のリリース、各地でのイベント出演を控えながらもワンマンLIVEや海外での活動をも視野に入れながら活動中。
なお、オリジナルメンバーのA2、Deeは、“NO☆GAIN Family”の一員として、今もBANDをサポートし続けている。
また、2003年よりチーフスタッフ兼サウンドプロデューサーとして、JA9がチームに加わる。
その音楽知識と温和な性格で、5人目のメンバー、家族のような存在としてメンバーに慕われている。

新ドラマーとしてSo-ta(ex.tornado)加入。
ビートの速い曲を得意とし、その疾走感とパワーでNO☆GAINサウンドを支えている。
人柄とスパイキーヘアーで加入後すぐにファンから親しまれている。

2014年8月

配信限定シングルとして、“Here I am” “Singalong together”を2曲同時リリース。
リリース後すぐにsurfing DVDに楽曲提供するなど反響を呼んでいる。

2014年10月

新ベーシストとして“ tatuknee ”(ex.SAMURAI CHOPPERS)加入。
新たなグルーヴ感と骨太な重低音がプラスされ、本来のストレートなROCKサウンドがさらに勢いを増している。
Archy(vocal), MAKI(guitar), So-ta(drum), tatuknee(bass)のメンバー4人、さらにはサウンドプロデューサーであるJA9がベースから本職のギターへ楽器を持ち替え、11月7日の横浜7th Avenueより5人新体制ツインギターとなっている。

〈活動背景〉

来日アーティストをサポートUSパンク界の大御所“No Use For A Name”いまやビッグネームとなったサンディエゴ出身“Never Heard Of It”、“Wester”、南カリフォルニア出身 の“TOO RUDE”、The Starvan(ポルトガル)、The NewStory(イタリア)、The Strikers(韓国)、The Johnsons(カナダ)など、来日アーティストJAPAN TOUR のサポートアクトを数多く務める。

〈カルチャー的な接点〉

バンドのバックグラウンドにSurfin、Skate、Snowbordがあるため、全国各地で行われるSurfing、Skate、Snowbording等のイベントに多数出演している。
“湘南乃風”、“THC!!”、“山嵐”、“10-FEET”、“九州男”、“ラフィンノーズ”、“SOBUT”など、国内有名アーティストとも各地で共演。
同時にエクストリーム系DVD、VIDEO作品にも楽曲を提供している。
特に圧倒的な販売数を誇るSurfing DVD“最高シリーズ”には、毎作楽曲を提供。また、Surfing専門誌のノベルティーDVDにも楽曲が使用されている。

〈その他〉

2007年4月より、沖縄県糸満市を中心としたリスニングエリアを持つラジオ局 「FMたまん」で、『NO☆GAIN 琉球RIDE音』という番組がスタート。
音楽、海、環境問題などをテーマに、毎週日曜日16:00〜17:00でオンエアーされた。
以前よりメンバー内で関心のあった「ビーチクリーン」も番組内で訴えるとともにメンバー自身も沖縄入りし、ビーチクリーンイベントに参加。
今後は従来のLIVEだけではなく、このような環境問題と結びついたチャリティーイベント等への積極的な参加も、視野に入れている。